資金運用の方法の一つとして、株は利用されており、購入したままでも売買を繰り替えすことでも利益を得ることができます。

株について知ろう!
株について知ろう!

株について知ろう!

銀行に預金するのとは別の資金運用として全国に知られている手法に「株式投資」というものがあります。
株式投資による資金運用とは、銀行に預金した際に得られる利率による利息金より、株式を購入することで得られる配当金で多く資金を獲得するというのが主な目的となっています。
その他にも株式を購入することによって企業から得られる株式優待の特典が目的であったり、いろいろな会社の株価の上下を予想して、安いうちに購入して高いうちに売却することで利益を得るために株を購入するという人もいます。
このやり方を繰り返すことでお金を稼ぎ生計を立てている「デイトレーダー」と呼ばれる人達も全国にたくさん存在しています。
しかし、そもそも株式の役割としては、会社が運用や起業の資金として会社以外の沢山の人達から資金を集めるための仕組みであり、信用している会社の株式のみを購入し、そのお返しとして配当金や株主優待という形で会社から特典を提供するというのが本来の目的であります。
もちろん、デイトレードを行うのも違法であったりルール違反の行為ではないため、運用方法として間違ってはいないので、それを本業として生活する人々が成り立っているのです。

Copyright (C)2016株について知ろう!.All rights reserved.